体は錆びる!活性酸素と老化の関係

シェアする

日々の生活で

人の体は錆びていきます。

つまり、老化です。

生きるために必要な呼吸によって

取り入れた酸素の数%かが

活性酸素になります。

活性酸素は酸化作用が強いので

体内に入ってきた細菌やウイルスを

やっつけてくれるという大切な役割もありますが、

健康な細胞まで酸化させる

悪玉の活性酸素も発生しています。

それが老化の原因になると言われています。

呼吸だけではなく

紫外線・電磁波・化学物質・ストレス・・・などが

活性酸素を発生させます。

現代の生活では活性酸素との戦いですね(^_^;)

まさに、日々老化が加速・・・^^;

私達の体にはこの活性酸素に

対抗する力(抗酸化)があるのですが、

残念ながら、これは年齢とともに減っていくのです。

ならば、体外から抗酸化力のあるのものを補うことで

少しでも老化の進行を遅くしましょう♪

抗酸化力を高める食品をとるのも良いです。

イチゴやトマトに含まれるビタミンCや

ナッツ類に多いビタミンE

赤ワインやココアなどに多いポリフェノール

緑茶のカテキンも抗酸化成分が多く含まれます。

テレビの健康番組でいいと言われると

そればかり食べる方もいますが・・・

どれかひとつをたくさん

食べればいいというものではなく

大切なのは

バランス良く

色んな種類のものを食べる!

ということなんです。

(そして、別の意味でも食べ過ぎには注意が必要です^^;)

水素も抗酸化力が高いと言われます。

しかも、無害ですので

とりすぎても大丈夫。

でも、水素水はちょっと高いし

そんなにたくさんは飲めないので

意外と飲み続けるのは難しいようです。

ならば、水素風呂で

皮膚から水素を取り込んで

体が錆びるのを防いでみてはいかがでしょう?

毎日、お風呂に入るだけで

老化を遅らせることができたら

嬉しいですよね♪

スポンサーリンク
336*280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336*280

コメント

  1. […] 活性酸素の影響で […]