水素の濃度、ppbとppmの違いは?

シェアする

水素水を飲むにしても

水素風呂に入るにしても

大切なのは水素の濃度です。

せっかくなら水素がたっぷり

入ったもののほうが効果が期待できます。

水素たっぷりってどのくらい?

水素研究の第一人者

太田成男教授によると

水素水を飲む場合の濃度は

0.8ppm以上というのが

目安になるそうです。

ここで気になったのが

『ppm』という単位です。

多くの水素風呂の発生装置の説明などには

『ppb』で表示されています。

『ppm』と『ppb』の違い

この場合、2000ppbです。

0.8と2000を比べて

単純に数字だけみると2500倍!!

ですが・・・

1 ppm = 1000 ppb

なので

2000 ppb = 2 ppm

ということになります。

数字のマジックですね~^^;

ということは

リタライフの電極の性能としては

0.8ppmより2.5倍の濃度だということになります。

でも、水素風呂はお風呂の湯量によって

濃度が変わります。

先程の 2ppmという結果は

3リットルの水槽に電極を入れて

その真上で計測した結果です。

実際に家で入浴する時の数字は

40℃のお湯を200リットル入れて

リタライフを30分稼働させ

かき混ぜてから100ccのお湯を

採取して計測した結果は

340 ppb = 0.34 ppm

ぐっと下がりますね^^;

でも、先程の0.8ppmは

飲む方の目安なので

水素風呂だとちょっと違うのかな・・・^^;

リタライフの水素風呂で

水素濃度を濃くするには

浴槽に電極を入れて

30分以上稼働させるとか

電極を入れたまま入浴するとかが可能です。

ゆっくり湯船に浸かって

しっかり水素を体に取り入れれば

水素水を飲むより効果的だと言われています。

(リタライフでは、以前は電極を取り出してからの入浴をオススメしていましたが、今は、健康な方に関しては入れたままの入浴を推奨しています。心配な方は水素生成時間を長くする方法をオススメします。)

水素風呂の発生装置の購入を検討している場合も

水素濃度の数字マジックに注意が必要ですね(*^^*)

スポンサーリンク
336*280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336*280